Nathan Schwartzman

After two years in Korea and three years of law school in America, Nathan Schwartzman works in New York City, translating and assisting major law firms with Korea-related litigation.

Follow Nathan Schwartzman

코를 찌르는 냄새를 가진 과일의 왕, 두리안을 맛보다

네이든 슈왈츠먼  이를 좋아하는 사람들은 이것이 세계 최고의 진미라고 치켜 세운다. 반면, 다른 사람들은 이런 저런 말로 그 맛을 조롱한다.  “과일의 왕”이라고 알려져 있지만, 어떤 곳에서는 대중 장소에서 먹는 것이...

品尝榴莲——马来西亚最受欢迎的、最刺鼻的水果

弥敦道•施瓦茨曼 榴莲的粉丝们认为它是世界上一大美味,当然也有许多人用多样的词语嘲笑它的味道。它被冠以“水果之王”的称号,但也有一些地方禁止人们在公共场合吃它。到马来西亚旅游,没它可不算完美。 当然,我们会讨论这“臭名昭著”的水果。沉甸甸的榴莲表面有硬刺,果肉呈奶油似的黄色。几个世纪以来,马来西亚土产的榴莲备受褒扬和贬抑。这种水果在韩国的超市货架上偶然可以看到,但在它的原产地马来西亚才有最佳的美味。如果你想要通过新鲜体验开阔眼界,那么,品尝榴莲一定是种独特体验! 人们通常先用各种比喻来描述榴莲那令人难忘的味道,比如说它如同腐烂的洋葱或尸体。美国厨师安东尼•伯尔特曾把这种味道比作“亲吻你去世的奶奶”。正是这样的味道使得它被拒之在公共场合之外,而它的种子又具有毒性。所以说,第一次品尝它还是需要一些勇气的。 但是勇气是会换来丰厚回报的。榴莲的粉丝们这样描述它的果肉:口感润滑、像是在吃皮冻或是杏仁。但在吃之前人们是无法感受这种味道的。第一次尝试的人们总是发现,这种果肉的美味如同那令人紧张的气味一样无法言说。这里有数十种烹饪方法,所以一旦爱上榴莲,你将发现吃法是尝试不完的。在马来西亚,你能够找到各种榴莲,如传统的榴莲糖果、现代的榴莲冰激凌蛋糕。举例来说,传统的榴莲糖果经现代包装,可以在随处的便利店和超市买到,所以这或许是最简单的一种品尝方法。因为榴莲的气味,你不能带着新鲜的榴莲进入宾馆房间,但你可以在一个公园里吃完它。你可以用勺子挖着吃,丢掉厚厚的种子。如果你是头一次吃,只要忍着它的气味,记住一旦把果肉放进嘴里,你就会喜欢上它了。当然,尽量不要把果汁弄到手上和衣服上,因为气味会带到身上。 征服了新鲜的榴莲之后,你可以尝试下冰豆(ice kacang),这是一种用榴莲做成的刨冰(patbingsu) 。这里有榴莲冰激凌、榴莲片、榴莲蛋糕、榴莲奶昔、榴莲年糕、甚至有榴莲糕点。一些饭店供应榴莲为食材的菜肴,如炒榴莲果。一些人用香蕉和奶酪配着吃榴莲。一些咖啡馆制作榴莲卡布奇诺。马来西亚创造的丰富多样的吃法证明榴莲广受欢迎,它能带来独特的美食体验。 正如你现在看到的,虽然榴莲具有那挑战性的气味,马来西亚和周边国家的人们还是用各种方法食用大量的榴莲。这一点与泡菜这种同样独特的食物相似,泡菜也具有特殊的气味,但是深受韩国人民和一些外国人的欢迎,其食用量也很大。到马来西亚旅游而没有品尝榴莲就如同来韩国游览没能吃上泡菜一样令人惋惜。 异国的旅行往往充满矛盾的体验。我们感受着异国的传统文化和现代化的发展这两者的对比。我们体验着一些遗失的或是不再用于沟通的语言,同时也享受着陌生人的帮助带来的快乐。榴莲集世界上最为独特的气味和最佳的美味于一体,这正是一种矛盾,然而,这样的矛盾不应被全世界的游人所错过。 如果你喜欢本文并且想要了解更多关于去马来西亚旅游的知识,那么请访问马来西亚旅游网站。 _____________________ 笔者简介 弥敦道•施瓦茨曼(Nathan Schwartzman)曾在韩国居住两年,在美国法学院读了三年,现在在纽约工作,做翻译的同时协助法律事务所处理韩国相关法律事宜。如有疑问、故事、对《韩国节拍》有所评论,或是想要了解弥敦道的韩国经历,请查询koreabeat@gmail.com Translated from: The durian experience – Malaysia’s most popular and pungent fruit, by Nathan Schwartzman

ドリアンを体験-マレーシア一番人気の刺激的な果物

ネイサン・シュワルツマン  ある人はこれを世界最高の珍味と言えば、またある人はその味を多彩な言葉で非難します。これは「フルーツの王様」として知られているのに、場所によっては公共の場で食することは違法になります。これを食べるまではマレーシア旅行は完全なものとは言えないでしょう。 私はもちろん、悪名高いドリアンのことを言っています。重たく、鋭いとげがあり、果肉が黄色くクリーミーなこのフルーツの故郷はマレーシアであり、何世紀にも渡り愛され、そして嫌われてきました。たまに韓国のスーパーで売られているのを見かけたりしますが、やはりこれは本場マレーシアでいただくことが一番です。新しい体験を通して視野を広げるため旅行をしているのならなおさら、ドリアンは間違いなく新しい体験となるでしょう。 ドリアンの表現は大抵その強烈な忘れられない臭いから始まります。腐った玉ねぎから死体まで、その表現はさまざまです。その大げさな表現で有名なアメリカのシェフ、アンソニー・ボーディンはドリアンのことを「死んだおばあちゃんにキスしたような」味と表現しています。この強烈な臭いが原因で公共の場では食することを禁止しているところもあり、その種もまた毒性の異臭を放ちます。このフルーツに初めて近づくには相当の勇気が必要かもしれません。 ですが、その勇気には味という褒美があります。好きな人はカスタードのようなその果肉はなめらかでアーモンドのような味がすると言いますが、臭いからその味を連想させるのは到底不可能なことです。初めて食べた人はその臭いが強烈すぎるため、予想していた味よりも美味しいと感じることが多いようです。ドリアンは数十の食べ方があるので、もし一度食べてその味に夢中になってしまったら他にも新しい食べ方を試すことができます。マレーシアでは伝統的なドリアンキャンディから現代風のドリアンアイスクリームケーキまであります。伝統的な飴状のドリアンはマレーシアではスーパーやコンビニで現代的なパッケージに入っており、国内のどこででも簡単に手に入るので、これがドリアンを初めて食す一番簡単な方法かもしれません。その臭いのため、ホテルへの持込みはできませんが、公共の公園で食べることはできます。分厚い種には構わず、スプーンで果肉をすくって食べてください。初めて食べるときは、ただひたすらその臭いを我慢し、一度食べたら病みつきになってしまうということを思い出しながら試してみてください。食べるときには果汁が手につかないように気をつけてください。その臭いは一度ついたらいつまでも取れませんので。  生のドリアンを征服したら、お次はアイス・カチャン、ドリアンからでも作れるパッピンス(氷菓)です。その他にもドリアンアイス、ドリアンチップス、ドリアンケーキ、ドリアンミルクシェーク、ドリアン餅、おまけにドリアンパン菓子まであります。レストランでもドリアン菜のソテーなどを出しているところもあります。また、ドリアンをバナナとチーズと一緒にいただく人もいます。コーヒーショップではドリアンカプチーノを作ってくれるところがあります。その人気とユニークなグルメ体験の証としてマレーシア人はこれまでにさまざまな食べ方を考えてきたのです。  試すのに勇気のいる味ですが、これを読んでも分かるようにドリアンはマレーシアと近隣諸国ではさまざまな方法で食べられていることが分かります。刺激的なアロマでほとんどの韓国人や好きな外国人が食するというユニークな食べ物、キムチとよく似ているのかもしれません。ドリアンを食べないでマレーシアから帰ってくるということは韓国に行ってキムチを食べないことと同じなのです。 国を観光するということはパラドックスの体験をするということです。その国の伝統的な文化と現代発展のコントラストを体験することができます。その国で迷子になったり、土地の言語が話せない不安を体験しますが、知らない人から助けてもらったときの嬉しさも体験できます。ドリアンの世界で最も珍しい味と世界で最も美味しいフルーツを合わせることは同じように実に逆説的であり、世界を旅行する者ならこのチャンスを見逃してはいけません。 この記事を読んでマレーシアへの旅行について更に詳しく知りたい方はマレーシア観光局ウェブサ      イトをご覧ください。 ______________________ 著者紹介 2年間の韓国滞在と3年間のロースクールの後、ネイサン・シュワルツマンはニューヨークで翻訳と大手法律事務所の韓国関連の訴訟の手助けをする仕事をしている。質問、ストーリーのリクエスト、コリアビートに関してのコメント、韓国専門知識を必要とする仕事の依頼など、すべての問い合わせはkoreabeat@gmail.comへ。  Translated from: The durian experience-Malaysia’s most popular and pungent fruit, by Nathan Schwartzman

Travel in Korea still lacks women’s bathrooms

Some journalists took unusual looks at the recent Seollal holiday. Among was this MBC reporter. (Formatting is true to the original transcript.) [Newsdesk]◀ANC▶ Whenever there is a holiday, women wind...